日本橋/人形町/株式会社清心丹/漢方調剤薬局/処方せん/エイジングケア化粧品

清心丹薬局
シレナボーテ
シレナール
貸し会議室日本橋清心丹

熱中症

熱中症

熱中症(ねっちゅうしょう)とは

熱中症は、高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、
体温調節がうまく出来ずにおこる、体の障害です。
通常人の体は、皮膚から熱を放出したり、汗をかくことによって体温を下げています。
しかし、外の空気が皮膚温以上の時や湿度が高い時には、放熱や発汗ができにくくなり、熱中症を引き起こします。
熱射病(ねっしゃびょう)や日射病(にっしゃびょう)と呼ばれているものは、重症の熱中症のことです。

こんな症状があったら熱中症かも

こんな症状があったら熱中症かも

●身体がだるくなる ●頭痛 ●疲労感
●立ちくらみ ●めまい ●頭痛や吐き気
●ふらつき ●足がつる
●大量に汗をかく ●汗が出なくなる
などが 現れます。

このような初期症状を見逃してしまうと、意識を失うなど重症になってしまいかねません。

予防法として

外出時

熱中症予防外出時

通気性の良い洋服を着て、帽子をかぶりましょう。
日傘、うちわや扇子、水筒やペットボトル(スポーツドリンクや麦茶)首に巻く冷たいタオルなどを携帯し、体にに熱がこもらないように気をつけましょう。
疲れを感じる前に休憩し、汗をかいたり、のどが渇いたりする前に、こまめに水分を補給するようにしましょう。
出来れば日中の長時間の外出は避けましょう。
赤ちゃんをベビーカーで散歩させるときなどは、夕方や日陰を選ぶなどして、水分をこまめに与えてあげて下さい。

とにかく無理をしないこと!

室内で

熱中症予防室内時

熱中症は屋外ばかりでなく、室内でも起こり得ます。
台所は火を使うので高温・多湿で熱中症になりやすい場所です。
夏場は必ず換気扇を使い温度・湿度をさげましょう。
蒸し暑い 風通しの悪い部屋などでは汗が蒸発せず体内温度が上がって熱中症になる事があります。

夜寝る時もクーラーや扇風機を2時間位つけるとか、氷枕を使ってみると、寝つきがぐっと良くなります。

応急処置は

応急処置は

衣服をゆるめ、安静にします。涼しい場所で休みましょう。
風通しのよい日陰、クーラーの効いた部屋に移って下さい。
スポーツドリンクなどで水分補給をしましょう。

わきの下、首のまわり、脚の付け根などを冷やすと体温が速やかに下がります。
意識障害や吐き気がある場合は、医療施設での輸液が必要です。
救急車を呼んで至急病院へ向かいましょう。

清心丹めも

飲んだ水が体内に吸収されるのは20分程かかるので、余裕を持ってこまめに水分摂取すること。
少量づつ飲むのがコツです。
一気に大量に飲んでも吸収が悪く、胃に水がたまり、結果として食欲が落ちてしまいます。
また、汗をかくことにより塩分などの電解質も身体から失われています。
スポーツドリンクなどでも補えますが、これを摂りすぎると糖分が心配です。
当店では、オーエスワンをご用意しております。
※詳しくはお問い合わせ下さい。03-3666-4828
節電の夏ではありますが、上手にクーラーや扇風機などを使って良い睡眠を摂り、体を休めましょう。
熱中症は、身体に負担をかけ、生活に悪循環を及ぼします。
御自分やご家族の体の状態や症状に気付き、熱中症にならないようにこの夏をお過ごしください。