日本橋/人形町/株式会社清心丹/漢方調剤薬局/処方せん/エイジングケア化粧品

清心丹薬局
シレナボーテ
シレナール
貸し会議室日本橋清心丹

インフルエンザ

インフルエンザ2013

インフルエンザの感染経路・症状

インフルエンザの感染経路

「疲れ」・「寝不足」・「冷え」などで抵抗力が低下し、乾燥が加わって、 ウイルスに感染すると、炎症を招き喉や気管支で猛威をふるいます。
残念ながらこの冬は流行の兆しが高いので、インフルエンザウイルスの感染経路を理解し、予防法を考え、万が一罹ってしまったときどうしたら良いのかを調べます。

急な発熱と悪寒、関節痛・筋肉痛・頭痛などの倦怠感が4日〜5日続き、喉・鼻の局所症状から気管支炎・肺炎など併発します。
高齢者・小児・持病のある方・妊婦の方、一層ご留意下さい。
また、今年は急な高熱がでない患者さんも多く見受けられます。
周囲の方にインフルエンザウイルスが出現し始めたら、早めに受診・検査をお勧めします。

今年(2012年〜2013年)の流行しているインフルエンザは?

流行しているインフルエンザは「インフルエンザA型とB型」です。
“早期受診”をお願いします。
“最適治療”をご相談下さい。

■「インフルエンザ総合対策」(日本医師会) http://www.med.or.jp/influenza/
■清心丹薬局 ご相談受付 : 電話 / FAX 03-3666-4828
潜伏期間は3日〜5日。
感染は人から人へ直接または、鼻汁や痰から 手指や物を介して、あるいは飛沫(ひまつ)感染によって伝染します。
症状は一般の風邪と同様に発熱、鼻水、せきなどが2〜3日続きます。
ウイルス感染症にはそれ以外にもインフルエンザ、ライノ、アデノ、RS、ノロウイルなどの種類があり原因を特定するために鼻水の中のウイルスの有無を調べます。

先ずは、予防を徹底しましょう。(インフルエンザの予防)

ご自分も関心を持ち、積極的に予防すること(セルフメデイケーション)の実践が、インフルエンザ蔓延阻止の必策です。

1、手洗い・うがい・マスクの徹底
2、温度・湿度20℃前後、50%〜60%を保持

病院でのワクチン接種と、いう方法も有りますが、まずは身近な予防法を身につけてはいかがでしょう。

インフルエンザにかかってしまった時の治療薬は?

ウイルスの特定は、鼻汁などの呼吸器系分泌物から診断されます。
治療薬として
吸入薬
◆イナビル(第一三共):A型、B型に対応。
(1回の吸入でウイルスの増殖を抑えます。)
 イナビルの吸入方法はこちら>>>
◆リレンザ(グラクソ・スミノクライン):A型対応。
その他、内服薬のタミフル、点滴薬のラピアクタ。
※効力、使用条件が異なりますので、医師から診察・指示を受け使用してください。

清心丹めも

治療を受けたら、加湿を心掛けた室内で暖かくして安静にして、水分補給を忘れずに。
熱が下がっても二日ぐらいは自宅でお休み下さい。
学校の学級閉鎖や、同じ職場でのインフルエンザ感染も考慮に入れて、 手洗いうがい、バランスのとれた食事、十分な睡眠など予防も心掛けましょう。